01

次世代型のサプライチェーンへ

既存のサプライチェーンは、その環境負荷により様々な弊害が生まれています。現サプライチェーンに対し、廃資源を活かす新たな機能をご提案致します。
02

廃資源から事業の可能性を

廃材を資源と見るか、ゴミとみなすか。全ては企業次第、人間次第です。廃資源をアップサイクルする事で新たな事業創出の可能性が生まれます。
03

モラルある環境経営に

ほんの一昔前まで許されていた仕組みも、新しい時代では許されない事も多々あります。本サービスは、新しい環境モラルを学びながら、次世代型の環境経営のマネージメントをフォロー致します。

CASE STUDY

トヨタ自動車株式会社様

 

豊田合成株式会社様

トヨタ自動車株式会社が掲げる「環境チャレンジ2050」に則り、既存のリサイクルチェーンに加えてアップサイクルを導入。解体車から排出されるエアバッグの廃材を活かす【AIR RE:BAG】を発足。このリサイクルチェーンにグループ企業である豊田合成株式会社も加わり、トヨタグループ全体で恒久的なアップサイクルを目指す新たなリサイクル/アップサイクルチェーンを構築しました。

SYSTEM

従来のサプライチェーンにおける廃材は、廃棄又はリサイクルによって処理される事がほとんどです。MODECOが提案するe-サプライチェーンはこれらの廃材を活かした製品化の実施など、廃材を資源とみなし、再資源化に向けたサプライチェーンマネジメントを行います。未来型の環境経営やサプライチェーンにおいては欠かすことが出来ないチェーンマネジメントです。
企業、業種に合わせたサプライチェーンにおける廃材の見直しをマネジメント致します。

お問い合わせ

本サービスに関するお問い合わせは以下のメールアドレスまでお願い申し上げます。
info@modeco-brand.com